大阪府茨木市で生活介護・短期入所・共同生活援助・相談支援を運営している社会福祉法人あい・あい福祉会

気軽きがるにお電話下でんわください
072-640-5335

ブログぶろぐBlog

  • H31.2.28 (TUE)

    2019年02月28日

    さて、2月も終わり、3月へ・・・。
    とうとう春がやってきますね。

     

    こんにちわ、Plug_oneです。

     

    「春」といえば、「出会い」と「別れ」のシーズン。

     

    我が法人におきましても、やはり「出会い」と「別れ」はあるもので。

     

    やむを得ない事情の「別れ」があるとしても、やはり寂しいものです。

     

    空前の福祉業界の人材不足。
    勿論、我が福祉業界ならずとも、色々な業界で人材不足が叫ばれていますが、
    やはり、「人」と「人」とのダイレクトな仕事でもある福祉業界においては、
    法人の死活問題になってきます。

     

    そんな中でも、頑張って頂いている職員の皆様の為にも、
    できるだけ「働きやすい」環境を
    整えて行かなければいけません。

     

    たまに、福祉に携わる人を、まるで「使用人」のように思っている方々もお見受けします。

     

    我々は、利用者様を支援させて頂いている「生活支援員」です。
    言葉の通り、「(利用者様の)生活を支援する職員」ということです。
    「使用人」でもなければ、「お手伝いさん」でもありません。

    できるだけ、利用者様が、日常生活を快適に過ごして頂けるように、ご自身で好きなことを
    好きな時にできるように・・・はじめは、できなくてもいい、でも徐々に少しでもできることが
    増えたら、その利用者様の今後の生活の向上に繋がる、そう想いながら、
    日々、利用者様に寄り添っています。

     

    私個人、利用者様と接しながら、いつも思う事があります。
    「もし、この利用者さんが、ぽつんと1人、JR茨木駅でいたら・・・」
    つまり、我々、その利用者様をよく知る人や、親族の方々がいる世界では大丈夫でしょうが、
    もし、「世間」に放り出されてしまったら・・・。

     

    世の中には、優しい人々が多いので、きっと、声をかけてくれるでしょう・・・
    でも、それは、あくまでも「性善説」での話。

    きっと、利用者様は「何を」「どうしたら良いのか」がわからないと思います。
    泣き叫んでもいい、怒ってもいい、何にしても周りに「困っている」ことを
    利用者様自身が伝えることが必要。
    できるのであれば「こうしたい」と世の中に発信できれば、最高。

     

    利用者様にとって、それは大変難しいことなのですが、日々の関わりの中で、
    ご自身が「やりたい」と思う事ができるように、「言いたい」ことがいえるように、
    支援をしていかないといけないと思っています。

     

    「やりたいこと」をやる為には?

     

    「言いたいこと」を言う為には?

     

    何をすれば良い?・・・それを、また考えてもらえるような、理解してもらえるような、
    肌で感じてもらえるような支援方法なども、日々の関わりの中に入れていければ・・・。

     

    それは、「利用者様」だけでなく、我々「職員」の皆様にも言えることです。
    法人として、そのような環境を目指していかねば・・・と、
    ここまで偉そうなことを書いてしまうと、何だか恥ずかしくなってきました。苦笑。

     

    かなり脱線してしまいましたが、「出会い」と「別れ」のシーズンと「人材不足」。
    前述している「支援」には、もっとサービスを向上する為には、
    まだまだ、あい・あい福祉会には「人」が必要です。

     

    どうぞ、利用者様は勿論のこと、「あい・あい福祉会で働いてみよっかな」と思って下さっている方も
    一度、見学にいらして、雰囲気を感じてみて下さい。

     

    私達は、新しい「出会い」を楽しみにしています。

     

     

    “Luv (sic) Part.2” Nujabes (Hydeout Productions /2002)

     

     

    そういえば、Nujabesこと、セバジュンが亡くなったのは2010年の2月。
    (おぉ~、2月のエントリーに間に合ったw)

     

    Luv (sic)シリーズも、Part.1~6までありますが、バックトラックも歌詞の内容も、
    このPart.2が、一番好きなんですよ。

     

    ちょうど、なんとなく、「出会い」と「別れ」の春に似合うバックトラックに思いません?
    (このキックとスネア、いつ聴いてもグッとくるなぁ、、、涎。)

     

    折角なんで、歌詞も載せておきますね。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    「 Luv (sic) part.2 」

    愛しい人よ、どこから始めようか
    ここにあなたを見つけることができた、言葉を失うほどの幸せ
    毎朝、僕は空虚な夜から目を覚まし
    まだ昔の痛みが頭から離れないことも
    しばらく話していなかったけど、世界は変わってしまったね
    最近はよく、曜日さえ忘れてしまう
    毎日、気ままに生きているんだ
    誰も傷ついてないし、僕も怒ってないよ
    だから話そうよ、元気にやっていますか?
    地球のこっち側では、たぶん昔よりお互いを分かり合えるよ
    計画できない必然のように、素直になる時が来た
    君の笑顔に代わるものは存在しない
    僕の詩の鍋は甘酸っぱいけど
    想像以上に美味しいかもよ!
    僕の中の神があなたの中の悪魔を見つけてしまった
    あなたに出会った時、自分をとことん壊してしまいたかった
    偶然にも、川辺で会話をし、誕生を祝った
    率直に伝えた言葉は、信頼の種となり
    太陽の元で伸びることが約束されている
    天から与えられた良き仕事が机の上に山積みに
    困難は人生の有り難味を増すためにあるんだ!

    セラヴィ、と言うように愛は、はっきりと
    すべての歌に続きがある
    名前以外の全ては移り行く、昔のように新鮮に、毎日を生きるんだ
    すべての夢に続きがある
    全ては移り行く、前に進もう、昔のように新鮮に

    共に歩めど、何処に行くのか
    神様、私達を見守り続けてください
    光が核となる宇宙から、 暗黒や負の要素で満ちたこの世界へ
    僕がこの殻を抜けるときには、天に昇って行きたい
    母なる地球へとの結びつきは、僕の心を休める
    真心が、僕の霊を生かしてくれる
    想像力はタダで幸せを呼び、瞬きをすれば与えられよう
    勝利は、鳩が持ち帰るオリーブの葉のような小包
    空から、愛の詩が降りてくる
    あなたにも予想できたように
    でも、僕は完璧な人間ではなく、罪で溢れている
    僕の中の悪魔が君の中の神を見つけてしまった
    何故ならあなたは元気という言葉そのものだ!
    見て、そこにある雲が雨を降らし、川に流れて海をつくる
    僕は起源の言葉の信者であり、古の後継者
    (科学+芸術) x 信仰 ÷民族の数
    僕が何を考えているかというと
    沈みかけた船から、子供たちを救う方法
    だから僕は歌う、決まり文句の口パクでなく
    戦車やミサイル、銃を持った不良政治家共に対抗する
    人類の家族の中では、色々な立場があるけど
    ひとつになることの力を理解する時がようやく来た
    すべての法則は太陽の下で等しい、そうありますように!

    音楽を信じれば、詩は心を癒す
    病んでいるあなたを放っては置かない
    ビートとメロディーがレシピ
    あなたの心が、僕を高めてくれる

    亡くなった魂よ、安らかに眠ってください

    世界のヒップホップよ平和に

社会福祉法人あい・あい福祉会